コミュニケーションの始まりは家庭から。最近の熟年離婚の増加にモノ申す!

目安時間:約 4分

先日、ネットサーフィンをしているとこんな情報が目に飛び込んできました。

 

70歳以上の夫婦の離婚件数が過去最高に。2000年は1,436件。2014年は3,453件と約2.5倍に増加。

 

出典:厚生労働省

 

いわゆる「熟年離婚」と呼ばれるものです。

 

5年前の調査結果なので、今はもっと増えていそうですが。。。苦笑

 

離婚する理由のトップは、「価値観の違い」「性格の不一致」とのこと。

 

ふーん、、、と思いながらも同時に、こうも思いました。

 

 

「ガキじゃあるまいし、よくもまぁそんなこと、いい歳した大人が言えたもんだ!」

(※心の声をそのまま引用)

 

 

はい、まだ結婚もしていない、独身男のたわごとですけど、何か?w

 

でも、そうじゃないですか?

 

夫婦だろうが、親子だろうが、「価値観」や「性格」は違っていて当たり前。

 

その違いをお互いがわかり合ったり、認め合うために、「コミュニケーション」という能力が人間には備わっているのではないかと。

 

離婚に至る原因は、突き詰めて考えれば、その人間に与えられた特権的能力、つまり「コミュニケーション能力」を磨いてこなかったツケではないのか。

 

「価値観の違い」というのは、言ってしまえば自分のことを棚に上げて、あたかも相手に非があるかのように自己正当化する、テイのいい言い訳に聞こえてしまうのは僕だけでしょうか?

 

他にも、こんな人もよくいますよね。

 

上司や仕事の得意先にはペコペコするのに、嫁や子どもには威張りたがる男。

 

職場やご近所では愛嬌を振りまくのに、家庭では愛想もそっけもない女。 

 

外面だけはよくて、中身は最悪…みたいな。苦笑

 

また他にも、こんな言葉もよく耳にします。

 

「いや、うちの愚妻は…」

「ダメなのよ、うちの旦那は…」

「まったく、バカ息子には…」

「もう、うちのワガママ娘ときたら…」

 

このブログの読者さんにはいないと思いますけど、、、

 

もし、こんなことを言う節があったら、今すぐやめましょう。

 

もうね、聞いてるこちら側がつらくなるわ。。。泣

 

すべては、こうした日本独特の「へりくだる文化」がいき過ぎてるのが「熟年離婚」の原因なのではないかと個人的には思っています。

 

あなたもそう思いませんか?

 

僕の揺るぎない信念の一つに、こんなものがあります。

 

一番身近な「他人」のことを大切に扱えないような人間が、それより遠い他人を大切にできるはずがない。

ましてや、いい仕事なんてできるはずがない。

 

コミュニケーションの始まりは家庭から。

 

夫婦でも、恋人でも、ビジネスパートナーでも、お互いをリスペクトし合いながら、人間関係を築いていきたいですよね。

 

人間にとって「コミュニケーション能力」を高めることは永遠の課題です。

 

この言葉を肝に銘じて、死ぬまでこのスキルは磨いていきたいですよね^^

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押し教材
 

これでダメならネットビジネスは諦めろ!

管理人が実際に教材内容を確認し、検証した当サイト公認のウェブマーケティング教材。インターネットで長期的に売上を上げ続ける「仕組み」を本気で1から作り上げたい人専用のウェブマーケティング教材の決定版です。

詳細レビューはこちら

管理人プロフィール

 

LP画像-minのコピー

管理人:野村 美徳 -のむらよしのり

元真言宗総本山である高野山の僧侶見習い。
その後、全く知識なし・技術なし・資金なしの状態からウェブマーケティングの世界に飛び込み、現在は、SNSをメインとした独自のオンライン集客法を開発し、横浜にてSNSストーリーブランディング集客の専門家として活動する。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
アーカイブ
関連サイト


建前抜きで、もっとフランクに。
腹を割って本音で語り合おう!

ぜひあなたの意見も聞かせてくれないですか?

Dear NIPPON

人気ブログランキング

現在、人気ブログランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックすると、当ブログサイトに一票が入ります。

あなたの一票のおかげで、当ブログサイトは運営されています。

応援して頂けますと幸いです。
この画像をポチッと押してください。

ご協力ありがとうございます^^
今日も素敵な一日を!

ページの先頭へ