【保存版】これからの時代必須となるSNSマーケティングの全体像と得られる未来

目安時間:約 10分

ウェブマーケティングと、一口に言っても何のことかわからない・・そんなことを思ったことはありませんか?

 

ここではこれからの時代必ず取り組むべき、SNSを使ったウェブマーケティングの全体像とあなたが得られる未来について解説しています。

 

★動画と一緒に観るとより理解が深まります★

 

さらに詳しい内容を知りたい人は【無料オンライン講座】へどうぞ!

 

SNSマーケティングの全体像と戦略

時代の変化と共にウェブマーケティングのやり方は昔と比べてだいぶ変わってきました。

 

ここでは過去と現在のウェブマーケティングを比較しながら、これから取り組むべきSNSマーケティングの全体像を解説しています。

 

今までのウェブマーケティング

今までは自社サイトを中心にメルマガやイベントページに誘導してセールスに結びつけるのが主流でした。

 

いわゆるDRM型(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)のマーケティングです。

 

これからのウェブマーケティング

SNSが発達した影響で、今の時代「何を」情報発信しているか?よりも、「誰が」情報発信しているか?に重きをおくユーザーが増えてきました。

 

現在は、従来のDRM型のマーケティングとSNSを組み合わせた「SNSマーケティング」が主流になってきています。

 

つまり、SNS利用者の中からあなたのビジネスの見込み客を見つけ出し、自社サイトへアクセスを集める方法です。

 

現状を把握しよう!

上の図を参考にしながら、現在のあなたのメディア運用状況を確認してみましょう。

 

例)

○・・・アカウントがあって、かつ運用もしている。

△・・・アカンウトはあるが、まだ運用しきれていない。

×・・・アカウントも運用もしていない。

 

主要なSNSマーケティングのメディア一覧

SNSマーケティングには主に、「プル型メディア」「プッシュ型メディア」に分かれます。状況に合わせてそれぞれを使い分けていく必要があります。

 

直訳すると「プル(PULL)=お客さんを引っ張ってくる」「プッシュ(PUSH)=お客さんのところに押しかける」といった意味になります。ここではそれぞれの主な種類と特徴を解説しています。

 

プル型メディア

主な特徴

ユーザー(ターゲット)が能動的に情報を取りに行くことで効果を発揮するメディア。

 

情報発信者の情報をユーザーが見つけて、悩みや問題を解決できる価値ある情報をユーザーに提供するのが主な特徴。

 

段階的にコミュニケーションを取りながら人間関係を構築し、集客や販売に繋げていくことができる。

 

主な種類

ブログ、SNS(Facebook、インスタグラム、Twitter、YouTubeなど)、オプトインLP など。

 

プッシュ型メディア

主な特徴

情報発信者側が決めたタイミングで、ユーザー(ターゲット)に情報を伝えることができるメディア。

 

ユーザーの意思に関係なく、受動的に情報を受け取ることができるのがポイント。不特定多数のターゲットに向けて一斉に情報提供ができ、認知度アップやブランディングに効果的。また使い方によっては集客や販売にも繋げることができる。

 

主な種類

メルマガ、LINE@ など。

 

SNSマーケティングで得られる7つのメリット

SNSマーケティングを実践することで、あなたが手にできる未来について解説しています。

 

①収入を上げ続ける仕組みを手に入れられます。

SNSマーケティングの導線を明確にすることで、自動的に収入を上げ続ける仕組みを手に入れることができます。リアルの現場営業との相乗効果でそのスピードは加速します。

 

②集客と売上をコントロールすることができます。

一度SNSマーケティングの仕組みを作ってしまえば、あとは自動的に見込み客を集めるところからセールスまでを一貫して完結できるので、ある程度売上を予測しながらビジネスができます。

 

③セルフブランディングを高めることができます。

オンライン上に投稿したコンテンツ(文章・画像)は、いつでもどこでも誰でも見ることができるので、24時間365日効果的にあなた(お店)の価値を高めることができます。

 

自分自身のセルフブランディングを高める効果は抜群です。

 

④集客しやすくなります。

プッシュ型メディアの顧客リスト(=読者)が増えれば、勉強会やイベントを開催する際、リストに対して告知しやすくなるので、効率よく集客できるようになります。

 

費用対効果を数字で計測できるので、仮説・検証・改善もスムーズにできます。

 

⑤熱狂的なファンを作ることできます。

オンライン上で既存のお客さんや新しくあなたのことに興味を持ってくれた人を教育することができます。

 

定期的に価値ある情報を提供することであなた自身をより深く知ってもらえるだけでなく、親密な人間関係を構築することができるので、あなたのことが好きな熱狂的なファンを作ることができます。また、※バイヤーズリモースの軽減効果にも効果的です。

 

※大きな買い物をしたときに、買った直後に感じる後悔の感情のこと。

 

⑥無料で見込み客を集めることできます。

ほぼ全てのSNSは無料で使うことができます。(※一部のプッシュ型メディアは有料)

それぞれのメディアの特徴と強みをうまく組み合わせながら使いこなせば、一円もお金をかけることなく無料であなたの見込み客を集めることができます。

 

⑦同志と繋がることができます。

継続的に情報発信をすることで、あなたの価値観や考え方と似た読者やユーザーに共感を与えることができます。

 

あなたの想いを共有できる素晴らしい「同志」と繋がることで、その輪はあなたが住んでいる地域だけでなく、日本全国、さらには世界中の人と繋がることができます。

 

SNSマーケティングを使って出会いの尊さを実感しよう!

 

Q.死ぬまでに出会える人の確率は何パーセント?

 

あなたは今までにこの問いについて考えたことがありますか?

 

日本人の平均寿命はだいたい80歳です。

仮に毎日新しい人に一人出会うとしたら、一生のうちに出会える人数というのは、

 

365日x80年=29,200人。約3万人になります。

 

現在、世界の人口は約70億人。

そのうちの3万人というのはたったの0.0004%です。(ちなみに、宝くじの高額賞金に当たる確率は0.00001%)

 

それぐらい実際に出会える人というのは限られているわけです。

 

もちろん、個人差はあります。

3万人ではなく、1万人・2万人と少ない人もいれば、4万人・5万人と多い人もいるでしょう。

 

その上下幅で計算したとしても、世界人口全体の「0.0001%〜0.0007%」の範囲内にすぎません。

 

いずれにしても、極めて少ないことに変わりはないのです。

 

こうした現実を知ると、いかに人との「出会い」とは貴重であるかを実感できるのではないでしょうか?

 

インターネットというプラットフォームを使うということは、突き詰めて考えれば、この出会いの確率を上げる活動に等しいわけです。

 

あなたの商品・サービスを本当に必要としている人と継続的に繋がることで、その人の悩みや問題を解決したり、欲求や願望を実現するお手伝いをすることができるとしたら、SNSマーケティングの仕組みを作り上げる意義が見つかるのではないでしょうか。

 

直接出会える目の前の人だけでなく、画面の向こう側にいるまだ見ぬ人に思いを馳せつつ、ぜひSNSマーケティングの仕組みを楽しみながら作っていきましょう。

 

まとめ

  • 従来のDRM型のウェブマーケティングだけでなく、現在主流になってきているSNSマーケティングを実践しよう。
  • SNSマーケティングのメリットを理解して、コツコツ継続しながら仕組みを作り上げよう。
  • SNSマーケティングは、あなただけに恩恵がもたらされるだけでなく、社会的な貢献度もとても大きいことを知ろう。

 

コメントは8件です

  1. 大内雅司 より:

    プロフィールみてびっくりしました。
    管理人の野村 美徳さんは元真言宗総本山である高野山の僧侶見習いをされていたのですね。
    確かにマーケティングはプル型とプッシュ型の両方とも実践すべきだと思います。
    今や媒体もたくさんありますから実践することが楽しく思えますね。
    がんばりましょう!

    • 野村美徳 より:

      大内さん、メッセージありがとうございます。
      野村です。はい、そうなんです。紆余曲折ありまして・・汗
      今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  2. 3月 より:

    こんにちは!
    わたしはツイッターを利用しているのですが、たまにダイレクトメールをいただきます。多くはセールス関係の内容なので、プッシュ型を実践している方達なのですね。
    みなさん頑張っているんだと改めて思いました。
    自分もサイトの更新情報を流すだけでなく、積極的に動いていかないと!
    とりあえず、サイトのページ数増やして内容を充実させていきます(^.^)/
    貴重な情報ありがとうございます。

    • 野村美徳 より:

      3月さん。
      コメントありがとうございます。
      お身体、その後大丈夫ですか?

      ps.
      なぜ3月なのでしょう?単純に気になっちゃいましたw

  3. Sam より:

    初めまして、ブログへの訪問ありがとうございます。
    SNSマーケティングは、これからは必須な手法となってきますね。
    貴重な情報ありがとうございます。

    • 野村美徳 より:

      こちらこそ、コメントありがとうございます。
      今後ともよろしくお願いしますね^^

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ