目的に合った3つのメディア戦略「トリプルメディア」を攻略せよ!

目安時間:約 7分

あなたは「トリプルメディア」という言葉を聞いたことはありますか?

 

「メディア」というものは、大きく3種類に分けられます。

 

その3種類とは、「アーンドメディア」「ペイドメディア」そして「オウンドメディア」です。

 

今回は、「メディア」の定義から、それぞれ3種類のメディアの特性と目的について解説していきます。

 

メディアの定義

 

メディアとは、情報発信者が情報を幅広く届ける手段として用いるツールの総称。

 

メディアといえば、不特定多数の受け手を対象に情報発信する新聞やテレビ、ラジオといった「マスメディア」が一般的ですが、この記事を書くのに使っているブログやHP、SNSもメディアに分類されます。

 

つまり、人と人のコミュニケーションを促進するために使われる道具のことです。

 

インターネットが普及してきたことにより、既存のマスメディアとは別に新しい情報伝達経路が確立しつつあります。

 

そのことにより、僕たち個人起業家にとってはビジネスがやりやすくなったのも事実です。

 

しかし、ビジネスがやりやすくなったとはいえ、メディアにはそれぞれ特徴があるので、使い方と目的を誤るとまったく効果が期待できません。

 

まず、押さえておかなければいけないことは、メディアの種類と特徴を知ることです。

 

メディアは、大きく3種類に分類されます。

 

  • アーンドメディア(Earned Media):評判を得るメディア
  • ペイドメディア(Paid Media):お金を払って使うメディア
  • オウンドメディア(Owned Media):自分で所有するメディア

 

これら3つのメディアのことを「トリプルメディア」と呼びます。

 

それぞれ解説していきます。

 

アーンドメディア(Earned Media)

 

アーンドメディア(Earned Media)とは、ソーシャルメディアなどを使って商品を売り込むのではなく、見込み客からの信頼や知名度を「得る」ことが目的とされるメディアです。

 

メディアの種類としては、FacebookやTwitter、YouTubeといったSNSが一般的です。

 

ちなみに、「earn」という英語は「稼ぐ」とか「儲ける」という意味ですが、マーケティング業界では、信頼や知名度を「獲得する」という意味で使われます。

 

SNSを使って、自分の商品やサービスを売り込まないで、お客さんとの人間関係を構築するためのメディアと言えます。

 

 

ペイドメディア(Paid Media)とは、お金を支払って使うメディアです。

 

英語のPaid(お金を支払う)という意味で、いわゆる宣伝広告のことです。

 

マスメディアの代表格であるテレビCMは、今でも絶大な影響力を持ったメディアです。

 

他にも、雑誌広告、新聞広告、折り込み広告といったオフラインはもちろんのこと、バナー広告やPPC広告、Facebook広告といったオンライン広告もペイドメディアに分類されます。

 

ペイドメディアの最大のメリットは、不特定多数の見込み客に短期間でメッセージを届けることができるという点です。

 

また、効果を数字で計測できるので効果がわかりやすく、改善しやすいのが特徴です。

 

ただ、その分費用がかかるので、費用対効果をしっかり考えながら運用する能力が求められます。

 

オウンドメディア(Owned Media)

 

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社で管理しているメディアのことです。

 

英語のOwnは「自分の」という意味です。

 

一般的に、自社のホームページやワードプレスブログといった、自分でカスタマイズできるメディアのことを指します。

 

オウンドメディアは、アクセスしてきた人にとって価値ある情報や悩み・問題を解決できる情報を掲載していきます。

 

ホームページというと自社のカタログ的要素が強く、会社案内のようなサイトがほとんどですが、これではメディアとしては機能していません。

 

ポイントは、読者にとって役に立つ情報かどうかという点です。

 

自己満足なサイトにならないように注意が必要です。

 

最近の傾向としては、コンテンツマーケティングの手法を使って、じっくりオウンドメディアを構築していくことが主流になっています。

 

コンテンツマーケティングとは、「お客さんにとって価値がある情報(コンテンツ)を提供すること」であり、自分の商品やサービスを売り込むマーケティングとは正反対のマーケティング手法になります。

 

個人起業家にとって長期的にビジネスを拡大していくためには、「コンテンツマーケティング」と「オウンドメディア構築」は必須のメディア戦略と言えます。

 

以上、

 

  • アーンドメディア(Earned Media):評判を得るメディア
  • ペイドメディア(Paid Media):お金を払って使うメディア
  • オウンドメディア(Owned Media):自分で所有するメディア

 

の解説になります。

 

まとめ

 

利用目的とゴールを明確にして「トリプルメディア」を使いこなそう。

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押し教材
 

これでダメならネットビジネスは諦めろ!

管理人が実際に教材内容を確認し、検証した当サイト公認のウェブマーケティング教材。インターネットで長期的に売上を上げ続ける「仕組み」を本気で1から作り上げたい人専用のウェブマーケティング教材の決定版です。

詳細レビューはこちら

管理人プロフィール

 

LP画像-minのコピー

管理人:野村 美徳 -のむらよしのり

元真言宗総本山である高野山の僧侶見習い。
その後、全く知識なし・技術なし・資金なしの状態からウェブマーケティングの世界に飛び込み、現在は、SNSをメインとした独自のオンライン集客法を開発し、横浜にてSNSストーリーブランディング集客の専門家として活動する。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
アーカイブ
関連サイト


世の中をより良くしていこうと日々努力する同志たちへ

建前抜きで、もっとフランクに。
腹を割って本音で語り合おう!

ぜひあなたの意見も聞かせてくれないか?

Dear NIPPON

ページの先頭へ